STRADIVARIUS ‘f’enomenon

ストラディヴァリウス。
一挺数億円といわれ、ヴァイオリンのマスターピースとして賞賛されてきた。
ローマ法王もマリー・アントワネットもその音を愛したと言われ、
演奏家達はストラディヴァリウスほど弾く人を選ぶ楽器はないと、その不思議さを口にした。
けれど、そうして人々の間で神格化されるほど、その存在は骨董品化も招いた。

どれだけ金銭価値が高まったとしても、
ストラディヴァリウスが300年経った今も進化しつづける
“生きた楽器”だということを私たちは忘れてはならない。
いつの時代にも、その音にはリスナーがいた。
宮廷音楽の小部屋から、コンサートホールに演奏の場を移しても、
その場所、その時代、その聴衆に合わせて進化をつづけ、後には大きな拍手が残った。

聴衆を巻き込むその不思議な現象を、私たちは STRADIVARIUS ‘f’enomenonと名付けた。
2018年、アジア初の規模で、20 挺のストラディヴァリウスを東京に迎える。
私たちはまたとないこの機会に、クラシック史上類を見ない〈体験型〉フェスティバルの開催に挑戦する。

コンサートホールにとどまらず、エキシビジョン会場にもライブスペースを設置。
これまでにないフレンドリーな距離で、300年の歴史が培った響きを体験してもらう。
さらに、東京のテクノロジーともセッション。
ストラディヴァリウスの響きの広がり、内部の音などを様々な方法で収録。
聴覚以外の感覚をも刺激する体験も届ける。

多様なディメンションからSTRADIVARIUS ‘f’enomenonを体験することで、
多くの人が自らの言葉でその魅力を語るようになること。
それが次の300 年の伝承価値を紡ぐことになると、私たちは確信している。

greeting

フェスティバルに向けて

このたび、ヴァイオリンの歴史を語る上で欠かせない、圧倒的な知名度を誇る「ストラディヴァリウス」に焦点を当てたフェスティバルを開催する運びとなりました。アントニオ・ストラディヴァリの死後250年にクレモナ市で開催された展覧会(1987)、ロンドンのアシュモレアン博物館で行われた展覧会(2013)、そして2018年、ここ東京でアジア初となるストラディヴァリウスフェスティバルの開催を宣言致します。

ストラディヴァリウスは億単位の価値がある弦楽器として知られていますが、その「本当の価値」が伝わりきれていないのが現状です。なぜ、300年経った今も、人間の感覚を揺さぶる特別な響きを持っているのか。ほとんど人間は科学進歩の中で生きているにも関わらず(特にこの5年ほどは、iPhoneに代表されるデジタルの進化が著しかったにも関わらず)、ストラディヴァリウスだけは、今も変わらずに「生きた楽器」として我々に感動を与え続けている。この不思議な現象を生で体験していただけたら、より多くの方がヴァイオリンに興味を持つようになるのではないか。そしてそれは、狭くなりつつあるクラシック業界の門戸をより広い間口へひらくことに繋がるのではないか。そのように思い、世界で最もひらかれたヴァイオリンフェスティバルを、東京で開催しようと決意しました。

日本において音楽振興イベントは数多あり、毎日のようにコンサートが開かれています。けれど、「楽器が主役」になったものは決して多くない。ヴァイオリンという存在をツールとして扱うのではなく、タレントにしたフェスティバルをつくりたい。ひとりの人間の生涯を知るようにヒストリーを学ぶことができ、関係者からのトークも聞くことができ、その音を生で聴くことができ、見えないはずの音の姿を見ることもできる。今の時代だからこそ可能になった連携プレーで、ヴァイオリンの魅力を多様な次元から紐解いていきたい。

その発案に、クレモナ市ヴァイオリン博物館をはじめとし、英国王立音楽院、東京藝術大学、アシュモレアン博物館、ハピスロイティンガー・ストラディヴァリ財団・・・多くの財団や音楽大学、博物館がご賛同くださり、20挺のストラディヴァリウスが東京に集結する運びとなりました。これほどの数が集まるのは、アジア史上初のことです。アントニオ・ストラディヴァリがつくった、地球上に10本程度しか現存しないヴィオラ、そして世界に5本程度しか存在しないギターも初上陸します。ストラディヴァリのルーツを辿れる作品が全て揃ってはじめて語れることがあると考え、ヴァイオリンの始祖とされるアンドレア・アマティ(推定1505-1579年)の展示も実現致しました。また、ストラディヴァリに続けとクラフトマンシップを磨く、現代を代表するクラフトマンの作品も併せて展示することで、この先の未来へ続くヴァイオリンの可能性も提示したいと考えています。

スポーツのオリンピアードの前には、カルチュラル・オリンピアードがあると、ブリティッシュ・カウンシルは宣言しました。未来の文化を担う人に活躍の場をつくること。東京2020にもその使命があると考えます。日本にも、素晴らしい音楽家が沢山います。これからの文化をつくる彼らに、これまでのクラシック文化を牽引してきた「ストラディヴァリウス」を貸与することで、新たなクラシックの歴史をここから紡いでいきたい。各国で大切に所有・保管されてきた楽器が、時と国境を超え、次世代へと手渡されてきたからこそ今があります。音楽文化・芸術を支えてきた、楽器支援の大切さもこの機会に皆様にお伝えできれば幸甚です。

東京ストラディヴァリウスフェスティバル2018実行委員会実行委員長/代表キュレーター日本ヴァイオリン代表取締役社長中澤 創太

フェスティバル開催によせて

Paolo Bodini
CEO Museo del Violino
President “friends of Stradivari”

Antonio Stradivari is undoubtedly “The Voice” of Cremona across the world. His name is synonymous with artistic excellence, refined craftsmanship and unparalleled sound. His work remains an absolute benchmark for every violinmaker of any time or any land, and the tradition of violinmaking that has evolved around his figure over the past five centuries has been recognized by UNESCO as an Intangible Heritage of Humanity.

Meanwhile, the Museo del Violino (MdV) is the only place in the world where this unique history can be preserved and shared with the international public in the very setting in which it took place.

For these reasons, the participation of the MdV in the TSF2018 is most significant: together with the impressive collection of beautiful instruments by this great Master, that the organizers have admirably been able to assemble in Tokyo from all over the world, exclusive artifacts from Stradivari’s workshop and original documents about his life are being exhibited by the MdV for the first time in Japan.

Two unique pieces will arrive from Cremona in Tokyo: the only playable guitar, out of the existing five, made by Stradivari (the “Sabionari”), and a beautifully decorated violin by Andrea Amati, made for the king of France Charles IX, that represents the beginning (a sort of “Big Bang”) of the violinmaking tradition in Cremona, about 150 years before Stradivari came to life.

All the above testify to the importance of TSF2018, the first event of this kind not only in Japan but in the entire Asian continent.

The Museo del Violino is happy and honored to participate as a co-organizer and it is our sincere desire that this festival will reinforce the strong ties that already exist between Cremona and Japan, not just in the field of violinmaking, but also in the more general cultural exchange between two great nations that share a longstanding history of friendship and artistic appreciation.

ヴァイオリニスト 
東京藝術大学学長 
英国王立音楽院名誉教授 
澤 和樹

名器の代名詞、ストラディヴァリウスは演奏家にとって夢の楽器であるだけでなく、その音色とともにフォルムの美しさ、そして見るものを惹き込んでしまう見事なニスなど、人類が生み出した最高の美術品としても人の心を大きく揺るがすものです。

この度、きわめて貴重なギター、ヴィオラ、チェロを含むストラディヴァリウス20本が、アジアの歴史上初めて世界から東京・六本木ヒルズに集まり展示されるということは、私たちにとってまさに千載一遇のチャンスです。東京藝術大学が、前回の東京オリンピック・パラリンピックの年、1964年(昭和39年)以来所有している1717年製ex.Parkも我が国で公開展示されるのは今回が初めてですし、この展覧会のプレ・イベントとして7月1日には、東京藝術大学と英国王立音楽院のジョイントオーケストラによる「ストラディヴァリウスコンサート」がサントリーホールで開催され、両校の学生ソリストによるヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲や、ゲストの三浦文彰氏(ヴァイオリン)や宮田 大氏(チェロ)など若い世代のソリストによるオール・ストラディヴァリウスによる共演は、私自身もわくわくするエキサイティングな演奏会になりそうです。 

今回の展覧会では、楽器の展示にとどまらず、ストラディヴァリの生い立ちや製作過程を辿り、その素晴らしい音色を生み出す秘密を科学的に探求する試みも行われます。また、期間中のトークセッションやミニコンサートなど盛りだくさんな企画で、益々ストラディヴァリウスの虜になる方が増える事でしょう。

展覧会の成功を心よりお祈りいたします。

Professor
Jonathan Freeman-Attwood,
CBE

The Royal Academy of Music in London is honoured to support the Tokyo Stradivari Exhibition 2018 as wonderful instruments are gathered from all around the world in celebration of the great master.

Our contribution to the exhibition is the ‘Kustendyke’ violin, one of the seven Stradivari instruments from the great Royal Academy of Music Collection. Made in 1699 – a pivotal year in Stradivari’s career and the dawn of his ‘Golden Period’ – this is the first time this graceful long pattern violin has travelled to Japan.

Our valuable instruments were first exhibited outside the UK in 1987, 250 years after the master’s death, and recently Stradivari instruments from the Academy Collection returned to Cremona Italy and, in 2013, three Academy Stradivaris were exhibited in the Ashmolean Museum in Oxford in 2013, amongst the very finest extant examples of his output: the ‘Viotti’, ‘Habeneck’ and ‘Archinto’ viola?’

The 2018 Tokyo exhibition is sure to highlight new aspects of Stradivari’s workshop and offer new ways of exploring the great Cremonese tradition, established by the Amati family in the mid 16th century – about a century before Stradivari’s birth in 1644.

At the same time, the strong collaboration between the Royal Academy of Music and the Tokyo University of the Arts gathers pace. We much look forward to our joint orchestra performing at the 'Stradivarius Concert' on 1 July 2018 at the Suntory Hall.

program

クラシック史上類を見ない体験型イベントを各地で開催。
すべてのプログラムでストラディヴァリウスの生音をおたのしみいただけます。
この機会にぜひSTRADIVARIUS ‘f’enomenonを体験しに来てください。

2018.07

STRADIVARIUSStradivarius Soloists Concert

世界で注目を集める、三浦文彰(ヴァイオリン)、宮田大(チェロ)の2名を
ソリストに迎え、日英を代表する音楽大学の混成オーケストラとともに
ストラディヴァリウスの響きを堪能していただきます。

2018.08-09

STRADIVARIUSSatellite Event

大ホールにとどまらず、より身近なシチュエーションで
ストラディヴァリウスの音をお楽しみいただける機会を創出します。
いつもの駅に、あなたの街に、ストラディヴァリウスがやってくるかもしれません。

2018.10

STRADIVARIUSExperiential Exhibition

ストラディヴァリウスの魅力をさまざまな次元から紐解くエキシビジョン。
なぜ300年もの間、その音を愛するリスナーは途絶えず、
“生きた楽器”であり続けることができたのか。
フェスティバルのフィナーレとなる本展を体験し、
ぜひあなたが300年目の証言者になってください。

2018.05-06(協力イベント)

STRADIVARIUSSummit Concert

オーケストラの最高峰ベルリン・フィルハーモニーのスペシャルメンバーが
11挺のストラティヴァリウスとセッション。

news!

ANAが公式エアラインパートナーに決定致しました。
2018.01.24
公式ウェブサイトを公開致しました。
2018.01.23

お問い合わせ

実行委員会 事務局
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 401号
(日本ヴァイオリン内)
info@tsf2018.com

news!

ANAが公式エアラインパートナーに決定致しました。